FC2ブログ

ジョイ日記

『小さい事から』
明日は「敬老の日」ですが、この祝日は1965年に制定されました。今は9月の第三日曜になっていますが以前は9月15日でした。これは593年に聖徳太子が貧しい老人たちを保護するための施設「悲田院」を開設したのが9月15日だからと言う説があります。兵庫県に野間谷村という地があります。1947年の9月15日にこの村で「としよりの日」が出来ました。お年寄りを尊び感謝しようと始りました。それが兵庫県内に広まり、ついに全国に広がって国で祝日と制定されたのです。ところで、何歳からがお年寄りになるのでしょうか。法律的には65歳からが「高齢者」となり、前期高齢者と後期高齢者とに分かれます。65歳から年寄り扱いは個人的にはショックな事です。法的に65歳からだという事ですが、一般社会的には孫の存在が大きいようです。お父さん、お母さんと言っていた子供たちが、孫が出来るとおじいちゃん、おばあちゃんと呼ぶようになります。私的には何と呼ばせようか思案中。さて、敬老の日が国民の祝日になるきっかけは小さな村から始まった行事からでした。祝日とはなっていませんが「母の日も」一人の母を思う女性から始まりました。世界中で祝われるクリスマスもユダヤの小さな村の中から始まったのです。神様は小さな事に愛と心を込めることを喜ばれるようです。聖書に「小さな事に忠実であれ」と勧めています。国中、世界中に広まらなくても私たちの愛の祈り、奉仕はたとえ小さくても祝福となります。「小さな群れよ。恐れるな、神の国はあなたのものです」
スポンサーサイト
09 : 34 : 15 | ジョイ日記 | page top↑

スーパーシニア

『スーパーシニア』
 八月も後半に入り、あんなに暑かった気候も急に秋めいてきました。九月に入ると敬老会などが開かれますが、見習うべきスーパーシニアが
登場しました。山口県で行方不明になっていた2歳の藤木理稀(よしき)ちゃんを救出した尾畠春夫さん(78)です。一躍日本中で注目の人となりました。こういう人こそ「国民栄誉賞」を送るべきだとか、「生きる元気が出ました」「こういうシニアになりたい」と多くの称賛の声が広まっています。そのボランティア精神は多くの人が見習うべきだと思います。「対価、物品、飲食は一切受け取らない、これが私のボランティア流儀だ」とおっしゃっていました。人の命は地球より重いからその命を助けることが出来たのが一番の対価だというのです。これが真のボランティア精神です。他にも「朝が来ない日はない」「人生に悔いはなし」「かけた情けは水に流せ、受けた恩は石に刻め」などの言葉を語っていました。まさに、スーパーシニアだと思います。75歳になる知人が「何もすることなく日が過ぎて行き虚しい」とおっしゃっていました。「スーパーにならなくても散歩しながら落ちているゴミを拾うだけでもちゃんとしたボランティアですよ」と、とお答えしました。被災地や困難地に行かなくても小さなボランティアは毎日出来ることだと思います。JESUSも素晴らしいボランティア精神を持ってこられました。イエスにある者は尾畠さん以上に対価を求めず人の命の重さを覚え、良き行いを持って福音を伝え続けなければと思いました。朝は必ず来るとは限らないのです。
19 : 04 : 41 | ジョイ日記 | page top↑

昴座

『すばる座』
 またまた星座の話し。今日は「昴座」です。私たちには馴染み深い名前ですね。谷村新司さんの歌「昴」、自動車メーカー「スバル社」があります。元々「昴」は中国語読みで(ボウ)でした。日本では星が集結して統一されている意味で「統ぼる」でしたが後に「昴」が当てられるようになりました。この昴はプレアデス星団の一部です。プレアデス星団は「おうし座」に属しており、比較的若く、1億年から5千万年位前に出来た新星です。オリオンよりも200光年ほど近い410光年位先にあり、近くて若い星なので青白く輝いており、夜空のダイヤモンドとも言われている美しい星団です。その中の目立っている星を昴と言いますが、西洋ではプレアデスセブンシスターズといわれ、強いオリオンから逃れて今の位置にいるようになりました。オリオン三つ星の少し上の方に美しく輝いています。日本では六連星(むつらぼし)と呼ばれたりします。その数は七つであったり、六つであったりしていますが、肉眼で六個はは見えますが七個目は見えにくいようです。一個は行方不明状態なのです。聖書には七人姉妹でなく、十人の乙女が出てきます。五人は賢く、残り五人は少し怠け者でした。主人が帰って来た時、灯の油が切れていたのです。「油断するな」はここから来ているのでしょうか。賢い乙女たちは油を用意していましたから、大丈夫でした。昴座の一個が行方不明のように油切れの乙女らも家に入れず、行方不明状態です。われらも主人に「さらば昴よ~」と言われぬように油の用意をしていましょう。
07 : 14 : 58 | ジョイ日記 | page top↑

さそり座

『そうさ、私はさそり座の・・』
 続・星座のお話。前回はオリオン座の話でしたがオリオンはギリシャ神話に出てくる神です。海神ポセイドンの息子でした。自分の強さを誇ったため地中から出て来たサソリに刺され死んでオリオン座になりました。聖書に出てくるヘロデ王(こちらは実在した人物)も神のような扱いを受けて驕った結果、虫に刺されて死にました、(使徒12:20)おごり高ぶりは命を失う危険に遭いますので気を付けたいものです。そのサソリも天に上げられサソリ座になったのです。ですから、サソリ座が現れる頃にはオリオン座は現れないのです。サソリ座には別の話もあります。サソリは昆虫などの小動物を捕獲して命をつないで生きていました。ある時、今度は自分を捕獲しようとするイタチに追われ井戸に落ちてしまうのです。その中で自分の最後を悟ったサソリは、今まで自分のお腹を満たすために昆虫たちを捕獲していた自己中心の生き方を悔い、今度生まれたらみんなのために生きようと悔い改め、水の中に沈んでいきました。それに感動したゼウスがそのサソリを天に上げてサソリ座になったのです。これは星座とギリシャ神話の物語ですが。イエスが十字架に付けられた時、二人の強盗も十字架に架けられました。一方の強盗は今までの自分の生き方に対して「自分は十字架に付けられて仕方がない生き方をしてきた」ことを認め、悔い改めてイエスを天の御座に着かれる方であることを信じました。その強盗にイエスは「あなたは今日私と共にパラダイスにいる」と宣言されました。サソリ座を見る時それを思う。
10 : 30 : 32 | ジョイ日記 | page top↑

「見上げてごらん空の星を

『見上げてごらん夜の星を』
 聖書に「地上のものを思わず、天にあるものを思いなさい」という箇所があります。この天とはキリストが支配している神の国のことを言っていますが、今日はそれより下の太陽や星がある天に目を向けて見ます。特に夜の星たちについてです。同じく聖書のヨブ記には星座の事が記しています。すばる座、オリオン座、おうし座などです。すばる座は星座でなくプレアデス星団で星の固まりです。夜空の宝石と言われています。オリオン座も有名です。中央に三つの星がある星座です。すばるもオリオンも冬の星座です。夏の星座は夏の大三角形と言われ、天の川を挟んで出来ています。天の川中央に見える十字架が白鳥座、その両外側に琴座とわし座があります。この琴座とわし座が七夕で知られている彦星と織姫なのです。秋はカシオペア座、春はおうし座の北斗七星です。どれも有名な星座たちです。先のオリオン座で三つ星を囲む一番大きな星はベテルギウスと言いますが半径が太陽の1千倍もあります。太陽から640光年にあり、私たちの目に届くのに640年掛かります。ですから、今見ているのは640年前の星です。このベテルギウスは消滅が近いと言われています、今日消滅しても640年後でないと消えません。もしかしたらもう無いのかも知れません。私たちは各星座を地上から平面的に捉えていますが3D的に見たら全然違うものになるはずです。実は、互いの間の距離を定めて繫ぎ止めている方がいるのです。各々の星は動いていますがその距離が変化していないことはそれを証明しているのです
07 : 34 : 39 | ジョイ日記 | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

イエス・キリスト延岡グレイスチャーチ

Author:イエス・キリスト延岡グレイスチャーチ


牧師の紹介

教会案内

教会の風景1

教会の風景2

リンク

ホームページトップ


※最近、広告サイトなどの書き込みが急増してます。
当ブログへのコメントは禁止しています。
ご意見は、crist_fukuinkan@yahoo.co.jpまで。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (26)
CS 日曜学校 (2)
伝道集会 (1)
婦人集会 (0)
イベント (9)
ジョイ日記 (425)
証し (0)
青年会 (1)
礼拝メッセージ (477)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード